浴衣や普段着物のコーディネートに 三分紐より細め 二分紐 帯締め 選べる全11色 入荷予定 白 紺 橙 黄 水色 薄黄 帯〆 赤 メール便対応可 ピンク ss2106wkm10 二分締め 洒落小物 黒 グリーン 紫 二分紐単品 浴衣や普段着物のコーディネートに!三分紐より細め,帯締め,二分締め,santigomez.com.ar,/lazurite662751.html,選べる全11色「白、紺、橙、黄、水色、薄黄、赤、紫、黒、ピンク、グリーン」二分紐単品,帯〆,洒落小物【メール便対応可】ss2106wkm10,レディースファッション , 和服 , 和装小物 , 着付け小物 , 帯締,二分紐,770円 770円 浴衣や普段着物のコーディネートに!三分紐より細め 二分紐 帯締め 選べる全11色「白、紺、橙、黄、水色、薄黄、赤、紫、黒、ピンク、グリーン」二分紐単品 帯〆 二分締め 洒落小物【メール便対応可】ss2106wkm10 レディースファッション 和服 和装小物 着付け小物 帯締 浴衣や普段着物のコーディネートに 三分紐より細め 二分紐 帯締め 選べる全11色 入荷予定 白 紺 橙 黄 水色 薄黄 帯〆 赤 メール便対応可 ピンク ss2106wkm10 二分締め 洒落小物 黒 グリーン 紫 二分紐単品 770円 浴衣や普段着物のコーディネートに!三分紐より細め 二分紐 帯締め 選べる全11色「白、紺、橙、黄、水色、薄黄、赤、紫、黒、ピンク、グリーン」二分紐単品 帯〆 二分締め 洒落小物【メール便対応可】ss2106wkm10 レディースファッション 和服 和装小物 着付け小物 帯締 浴衣や普段着物のコーディネートに!三分紐より細め,帯締め,二分締め,santigomez.com.ar,/lazurite662751.html,選べる全11色「白、紺、橙、黄、水色、薄黄、赤、紫、黒、ピンク、グリーン」二分紐単品,帯〆,洒落小物【メール便対応可】ss2106wkm10,レディースファッション , 和服 , 和装小物 , 着付け小物 , 帯締,二分紐,770円

浴衣や普段着物のコーディネートに 三分紐より細め 二分紐 帯締め 選べる全11色 入荷予定 白 紺 橙 黄 水色 薄黄 帯〆 赤 メール便対応可 ピンク ss2106wkm10 二分締め 洒落小物 黒 グリーン 紫 二分紐単品 日本未発売

浴衣や普段着物のコーディネートに!三分紐より細め 二分紐 帯締め 選べる全11色「白、紺、橙、黄、水色、薄黄、赤、紫、黒、ピンク、グリーン」二分紐単品 帯〆 二分締め 洒落小物【メール便対応可】ss2106wkm10

770円

浴衣や普段着物のコーディネートに!三分紐より細め 二分紐 帯締め 選べる全11色「白、紺、橙、黄、水色、薄黄、赤、紫、黒、ピンク、グリーン」二分紐単品 帯〆 二分締め 洒落小物【メール便対応可】ss2106wkm10










※メール便ご希望のお客様※
メール便は代引不可・日時指定不可です。ご注文の前に必ず「メール便について」をお読みください。


帯留を通して、普段のお洒落着、小紋、紬、浴衣などに合わせて、カジュアルに楽しめる二分紐単品です。
二分紐は、三分紐よりも少し細めの約6mm。
小さめの帯留めにバランスよく合わせていただけます。
シンプルな無地でコーディネートしやすく、紐の色を変えるだけで、いつものコーディネートがガラッと変わったりと、お洒落のアクセントにもなります。素敵なお色を揃えて、いろいろなコーディネートを楽しむのもいいですね。

【商品内容】二分紐1本

【カラー】
1.白:濃い目の色の帯に映える白色
2.紺:ベーシックな紺色
3.橙:鮮やかなオレンジ色
4.黄:明るい黄色
5.水色:涼しげな薄い水色
6.薄黄:クリームがかった薄い黄色
7.赤:はっきりと明るく濃い赤色
8.紫:明るい紫色
9.黒:帯の上でしっかりとアクセントになる黒色
10.ピンク:明るく強めのピンク色
11.グリーン:明るく爽やかな印象のエメラルドグリーン

【サイズ】幅約6mm/長さ約134cm(房部分含む)

【品質】ポリエステル100%

日本製

普段のお洒落着、小紋、紬などに合わせて、カジュアルに。浴衣にも



※ご覧いただいている環境によって、色みが若干異なって見える場合がございます。
※商品によって、サイズが若干前後する場合がございます。

◇ご一緒にいかがですか?◇
帯留め 帯留め 帯留め 帯留め

浴衣や普段着物のコーディネートに!三分紐より細め 二分紐 帯締め 選べる全11色「白、紺、橙、黄、水色、薄黄、赤、紫、黒、ピンク、グリーン」二分紐単品 帯〆 二分締め 洒落小物【メール便対応可】ss2106wkm10

植物を鉢植えで育てる...

観葉植物は、文字通り観賞用なのでインテリアとして役立ちますし...

カモミールの育て方に...

カモミールはハーブの一種です。ハーブというのは、食用や薬用に...

サボテンやアロエなど...

多肉植物は、葉や茎に水分を蓄えることのできる植物です。サボテ...

ユッカという観葉植物...

リビングルームや廊下の片隅に一つ観葉植物を置いておくだけで、...

カンパニュラの育て方...

カンパニュラは、釣り鐘のような形の大ぶりの花をたくさん咲かせ...

緑のカーテンに最適な...

ここ数年毎年猛暑が続き、今や日本は熱帯よりも熱いと言われてい...

初心者でも簡単な観葉...

最近は趣味として、ガーデニングなどを楽しんでいる方がどんどん...

家庭菜園を行う場合の...

自宅で植物を栽培する場合、その育て方にはいくつかのコツがあり...

自宅で植物を育てよう

部屋に植物があると生きたインテリアにもなり、その緑や花の華や...

トウヒの仲間の育て方

トウヒはマツ科に属する樹木であり、漢字で表すと唐檜と書き表さ...

トウモロコシの育て方

トウモロコシの育て方のポイントは、日当たり・通気性・水はけが...

バーバスカムの育て方

バーバスカムはヨーロッパ南部からアジアを原産とする、ゴマノハ...

シクノチェスの育て方

シクノチェスはラン科の植物で独特の花を咲かせることから世界中...

クリアンサスの育て方

クリアンサスの特徴としては鮮やかな赤い色の花でしょう。またそ...

ナツズイセンの育て方

このナツズイセンですが、面白いのは植物の系統ではヒガンバナ科...

ハイドロカルチャーの...

土を使わず、ハイドロボールと呼ばれる素焼きの石や、炭、砂等に...

シャガの育て方

シャガは中国から古代に渡ってきた植物ですが、学名を日本語訳す...

イワチドリの育て方

イワチドリは、ラン科ヒナラン属の球根の多年草です。本州では中...

チャノキの育て方

そのように非常に日本でも親しまれているチャノキですが、元々は...

植物の栽培、育て方の...

植物を育てるのは生き物を飼うのよりはだいぶ気楽にできます。動...

ヤマボウシの育て方

木の特徴として、被子植物に該当します。ミズキ目、ミズキ科、ミ...

ヘスペランサの育て方

ヘスペランサは白い花を持つ美しい植物でり、日本だけに留まらず多くの愛好家がいます。花の歴史も深く、大航海時代にまで遡る事...

トロリウスの育て方

”トロリウス”とは、ヨーロッパや北アジアを原産とした宿根多年草です。キンポウゲ科、キンバイソウ属になり別名キンバイソウと...

ドイツアザミの育て方

この花はキク科アザミ属に属します。ドイツとありますが日本原産です。生息地も日本となるでしょう。多年草で、耐寒性があり耐暑...

奇想天外(ウェルウィッチア)の育て方

ウェルウィッチアは生息地をアフリカのアンゴラ及びナミビアのナミブ砂漠にしている裸子植物の一つです。日本では2つの和名があ...

ロータスの育て方

「ロータス」は、北半球の温帯、主に地中海付近の島国を原産として約100種類もの品種が存在するマメ科ミヤコグサ科の多年草で...

メカルドニアの育て方

メカルドニアはオオバコ科の植物で原産地は北アメリカや南アメリカですので、比較的暖かいところで栽培されていた植物です。だか...

マリモの育て方

また日本以外はどうかというと、球体のものは、アイスランドのミーヴァトン湖やエストニアのオイツ湖などで確認をされているとい...

ホメリアの育て方

ホメリアは庭植えの場合に関しては、数年植えっぱなしでもそのままの状態で育つことができます。毎年球根を掘り上げるよりも、花...

ヘリオフィラの育て方

ヘリオフィラはアブラナ科の植物で小さな青い花を咲かせてくれます。つぎつぎと花を楽しむことができる植物になっています。南ア...

ブルメリア・クロセア・オーレアの育て方

ユリ科という情報が多いので、ユリ科の同じような植物が近縁種ではないかということもわかります。ネギ科は、もともとユリ科だっ...

ヒマラヤユキノシタの育て方

ヒマラヤユキノシタとは原産がヒマラヤになります。おもにヒマラヤ山脈付近が生息地のため、周辺のパキスタンや中国やチベットな...

ハシカンボクの育て方

ハシカンボクは日本が原産とされる植物です。漢字で書くと波志干木となりますが、その名前の由来はわかっていません。また別名を...

スポンサーリンク

イワカガミダマシの育...

イワカガミダマシはソルダネラ・アルピナの和名ですが、漢字...

手まりかんぼく(スノ...

手まりかんぼくとは、名前からも分かるように手毬のような花...

リナリアの育て方

リナリアの名前の由来は生物学者だったリンネが提唱していた...

オクラの育て方

アオイ科に属する野菜で、原産地は、マントヒヒの生息地で知...